男の悩みを医薬品で解決する

body-odor体臭・口臭予防でバッチリ

ワキガに苦しむ人は多い

体臭・口臭予防でバッチリ

臭いで不快な思いをさせてしまう

自分の周りに居る人はなんとなく顔がゆがんでいる・・・。

もしかして自分はワキガ??って思っている人も多いですね。

一般的にワキガと汗臭さというのは違います。

ワキガはよく「なんとも言えない独特のにおい」と言う人が多く、ワキガのニオイの質やニオイの強さには違いがあり、なかなか一言では片付けられませんよね。

あくまでも感覚的に言うのであれば汗臭さはムワっとしたこもっているにおいですが、ワキガはツーンとしたネギや玉ねぎのようなニオイと表現されるのです。

ワキガの人が部屋に入ってきただけで分かるぐらいにその場の空気が一瞬にして変わるほどストレートに臭ってきます。

しかし、汗臭い人というのは熱がこもっているにおいで近づかないと分からないということが多いです。

ワキガはうつるとよく噂されています。その真偽としては遺伝で親から子にはうつってしまいますが、人から人へ感染するようにはなりません。

上の話が1つにまとまって広まってしまったのかもしれませんね。

ワキガとはアポクリン腺から分泌される汗が常在菌によって分解されることで発生するニオイなので そもそもアポクリン腺がない方や、少ない方にはワキガにはなりづらい症状です。

また一般的に男性よりも女性のほうがワキガになる人が多いと言われています。

その理由としては

・アポクリン腺の割合が男性より女性の方が多い
・女性ホルモンがアポクリン腺の働きを活発化させてしまう
・皮下脂肪が男性より多い

のが挙げられます。

女性からしてみれば溜まったものではないと考えますよね。

ですからワキガの手術でそもそも原因でもあるアポクリン線をとってしまうという手術をする人も多いです。

そもそもワキガは国や人種によって違いがあるのですが、日本人のワキガ率は10%~15%と言われていて世界的にみるとワキガの割合はかなり低いです。欧米人の7割近くがワキガとも言われています。

原因の1つとして食生活の欧米化が関係しているのですが、肉類中心の食生活・乳製品(卵・牛乳)の食べすぎ・辛いものの食べすぎ・アルコールの過剰摂取などが挙げられます。

食の欧米化により日本人もワキガの人が増えていっていると言われています。

ワキガを治すため方法として「アポクリン腺」を刺激する食生活を見直しましょう。

肉類、動物性タンパク質(牛乳、チーズ、バター)や脂っこいものを多く摂取しすぎると、ワキガの原因となる「アポクリン腺」が刺激されてしまいます。

和食を基本としてバランスの良い食事をしましょう。

他にはストレスが原因で感染が刺激されてしまいアポクリン腺が刺激されてしまうと言われています。

また常にアポクリン線の周りの細菌の繁殖を抑えるために清潔に保つようにしましょう。

ウェットシートで脇周りを拭き取ったり、脇毛を剃ったりしましょう。

日頃のエチケットを中心に行うこと、どうしても酷い場合は手術をするということも考えておきましょう。