男の悩みを医薬品で解決する

hair-growth育毛・増毛対策

ハゲてからでは遅い

育毛・増毛対策

頭皮環境も非常に重要

>>ツゲイン5%を購入したい方はこちら<<

日本は特にハゲや薄毛を叩く傾向にありますよね。誰だってハゲたくてハゲているわけではないのにも関わらず必要以上に攻め立てるような感じで最も言われている悪口の1つですよね。

外国人が禿げていてもかっこいいとか、渋いで片付けられますが、日本人がハゲると嘲笑の的になります。

男性ならば年齢に関係なくハゲを気にするわけです。

特に30代を超えたら一気にハゲが進む人もいるので将来ハゲにならないかどうかを気にする人もいます。

育毛や増毛というのはまずハゲてからではもう遅いのです。

ちょっとでも頭皮が薄くなってきた、髪の毛に元気がなくなってきたと思ったらすぐにでも育毛・増毛対策をしなくてはいけません。

ただし、その育毛などを始めるにあたって基本的なことを疎かにしてしまうと何の意味もありません。

とりあえず、育毛と言ったら育毛剤を使えばいいんでしょ?って思ってしまっている人も多いかもしれませんが、そうではなくて、まずは頭皮環境を整えることが大事です。

むしろこの頭皮環境を整えていない状態で育毛剤をつけても何の意味も無いどころか悪影響を与えてしまう可能性もあります。

一番大事なことは頭皮を清潔に保つということです。

シャンプーで頭皮を洗ってしっかりと乾かして清潔に保つということが出来ていない人が多いです。

まず最初に市販で売られているシャンプーでは頭皮環境を悪化させてしまいます。

市販のシャンプーの中に含まれている合成界面石灰剤は石油や天然油脂から作られています。悪い言い方をするとほとんどガソリンです。

綺麗なガソリンであろうともガソリンを頭につけてゴシゴシ洗っても意味がないですよね。

過剰な表現かもしれませんが、それだけ体に良くないものだと思ってください。

「ラウレス硫酸~」「ラウリル硫酸~」などと表記されているシャンプーもかなり強い洗剤が使われており、「台所用洗剤」と同じ強さとも言われているので必ず表記されている内容を見て購入をしましょう。

ノンシリコンシャンプーなどの髪を傷めないで頭皮を清潔にするシャンプーを使うようにしましょう。

基本中の基本でもあるシャンプーはこだわりましょう。

シャンプーの洗い方として基本の温度は38℃です。

熱いお湯で洗いたいと思うかもしれませんが、熱すぎるとキューティクルを傷めてしまいますので気をつけましょう。

またお湯で髪を洗う前にクシで軽くすいて、髪の毛に付着しているゴミなどを取るようにしましょう。その時にいくつかの髪の毛も落ちてショックを受けるかもしれませんが、それはもう毛根から離れて髪に絡まっているだけですので気にしてはいけません。

このクシで髪をすくだけで、7割ぐらいは汚れが取れると言われています。

髪の毛を洗うのではなくて大事なのは頭皮の脂や汚れを取ることが大事ですので髪の毛はそこまで念入りに洗わないでもいいです。

またシャンプーする前に10分ほど頭皮を湯船に浸けるようにして下さい。そうすることで毛穴が広がって毛穴に入った汚れや脂が落ちやすい状況になります。

さらにシャンプーをいきなり液体のままつけてそこからゴシゴシ洗って髪の毛で泡立てようとする人が多いですが、液体のまま塗布してしまうと毛穴にシャンプーの液体が入ってしまってへばりついてしまいます。

その場合、シャンプーがフケや痒みの原因になってしまいますのでしっかりとあわ立ててから洗うようにしてください。

泡立てたといえ極力頭皮にはつけないようにしましょう。髪の毛の先辺りをシャンプーをつけて頭皮はマッサージするようにしてください。

頭皮は爪でゴシゴシ洗うと気持ちいいかもしれませんが、それだと頭皮を傷つけてしまうので指の腹の部分でマッサージをしましょう。

洗い流す時もマッサージをするようにしましょう。

マッサージの仕方は動画を見て覚えましょう。

マッサージが終わった後は必ず清潔なタオルで水分を吸収させるようにしてゴシゴシ拭くのはやめてください。

またドライヤーは頭から離して30cmほど距離をとって当てるようにしましょう。

そして9割がたが髪の毛が乾いたと思ったら冷風に切り替えて頭皮の温度を下げてください。温度が高いと頭皮周りの湿度が上昇して菌が繁殖してしまうので最後は冷ます感覚で冷風で乾かしてください。

この頭皮環境を整えた上で育毛剤をつけるのが大事です。

育毛剤を選ぶときに大切なのは必ず医薬品を選ぶことです。

効くかどうかも分からない商品を手にするよりも効果が認められた医薬品を使うことが大事です。

オススメはミノキシジル成分が配合の薬です。

プロペシアが最初に育毛効果があると認められた医薬品ですが、プロペシアの場合は副作用が強いと言われています。

副作用によってEDになってしまったり、体調を崩してしまう人がかなり強いです。

その点ミノキシジルの成分はそこまで副作用はありますが、プロペシアほど強くないはないので、お勧めです。

育毛剤は1年単位で継続して利用することが求められているのでジェネリック医薬品を医薬品個人輸入代行サイトを利用して購入しましょう。

ツゲイン5%がミノキシジル外用薬のジェネリック医薬品として有名なのでオススメです。

頭皮環境を整えてツゲイン5%を頭皮に塗布してマッサージするようにしましょう。

ツゲイン5%を購入したい方はこちら<<