男の悩みを医薬品で解決する

height身長を伸ばす

20歳までが勝負

身長を伸ばす

早い時期から取り掛かろう

日本人の平均身長は1900年よりも10cmほど高くなっているので、比較的背が大きくなってきている人も多いです。

それでも身長を気にする人は多いです。

特に日本人の男性のおよそ9割以上の人が今よりももっと身長があればいいなぁ~って感じているというデータもあります。

今の平均身長は172cmと言われていますが、平均値があがったとしても平均を下げている側としては1cmでも2cmでも身長を伸ばしたいと思っているわけです。

身長にコンプレックスを持つのは思春期に多いですが、身長は大人になればなるほど伸ばすのが難しいので、親の立場の人は子供を大きく成長したいと思ったら子供のうちから対策をしましょう。

子供の身長を伸ばしてあげたいと思ったら多く睡眠をとらせるということをして下さい。

今の子供は寝ない子が多いと言われています。

しかし、プロスポーツ選手などで活躍している背の高い人というのは必ずといっていいほど、幼少期や思春期に早く寝てぐっすり寝ていたという人が多いです。

子供の成長ホルモンは寝ているときに大きく出ると言われているのでまずはぐっすりと眠ることをして下さい。

早い子だと夜の7時には寝て朝早く起きて部活に出かけたりしている人も珍しくありません。

とにかくよく寝かせることが大切です。

また、早く寝させるためにはしっかりと体を動かして運動させると言うことも大切です。

小学校・中学校ともなると体を動かさないでスマホで夜更かしをしている人も非常に多いです。

一番大切な時期にぐっすりと寝ないで夜更かしをしていたら当然成長ホルモンが十分に出ずに身長が止まってしまいます。

夜更かしをしてしまうのは十分に体が疲れていないからです。

ですので部活などに参加したり、外で遊んだりして、体を疲れさせるのです。

プロスポーツ選手が体が大きいのは、朝から晩まで体を動かして、そして良く食べてぐっすり眠るからこそ大きく成長するのです。

子供のうちからスポーツに集中していれば背が伸びるのは当たり前と言えるでしょう。

しかし、子供のときというのは将来背が伸びるからといって中々素直に寝る子もいないのでそこは親がコントロールをする必要があります。

またもう16歳を過ぎてしまったら成長期が過ぎてしまうものです。

成長期が過ぎてしまったら諦めるしかないのか?って考えてしまいますよね。

また残念ながら薬が使われるのは身長の伸びが遅くて「成長ホルモン分泌不全性低身長症」などの治療が必要な場合のみです。

医薬品で背を伸ばすことは難しいです。

そこで活躍するのがサプリメントです。

サプリメントと医薬品の明確な違いというのは効能と用法をうたえるか、うたえないかの違いです。

医薬品の場合は効能と用法をうたえて「病気の治療・症状の緩和」を目的とするもので、サプリメントの場合は主に健康を維持する為に使われる用語です。

またサプリメントを使うとしてもなんだか胡散臭そうなものが多いですよね。サプリメントを使って10cmも背が高くなったというのはちょっと信憑性が欠けます。

サプリメントを使う前に大人でも1cm、2cmでも背が大きくなる方法としては効果的なのはやはり丸くなった背筋をほぐしてゆがみを強制することで身長が伸びたと言う人もいます。

中には4cmもアップをしたという人もいます。

骨盤がゆがんでいたり、猫背になっている人はしっかりと強制することから始めてみるようにしましょう。

医薬品を使ってコンプレックスを解決するというのをお伝えしたい当サイトでも出来ないことは出来ないとはっきり伝えることも必要だと思ったので、まずは子供が成長期を終える16歳までに、まずはよく食べて、よく体を動かして、ぐっすりと眠ることが大切です。

また子供のうちからサプリメントを飲ますのであれば、アルギニン配合のサプリメントが良しとされていますが、過剰摂取には十分に気をつけてよく食べるお子さんの場合はそこまで必要はありません。

満遍なくバランスよく食べるようにさえ気をつければ大丈夫です。