男の悩みを医薬品で解決する

insomnia不眠症から快眠へ

精神的に参ってしまう

不眠症から快眠へ

ぐっすり眠ろう

>>メロセットを購入したい方はこちら<<

精神的にも肉体的にも披露しているのにも関わらず、眠れない。

眠たいのに寝れなくて普段から頭がボォ~っとして仕事に手がつかないだけではなくて、イライラして眠れないという人も多いです。

不眠をはじめとする睡眠障害を引き起こす原因は人によって様々です。

例え似たような症状で苦しんでいる人が居たとしても対処法が誓ったりします。

寝てもすぐに目が覚めてしまう。寝つきが悪い。1日の睡眠時間が3時間未満といった人はやはりぐっすりと眠りたいですよね。

まずはなぜ自分が眠れないのか?

不眠の症状と原因を把握するようにしましょ0う。

【不眠の代表的な症状】

○寝つきが悪く、30分以上経っても眠れない。

○途中で目が覚めて、なかなか寝付けない。

○朝早く目が覚めてしまう。

○ぐっすり眠った気がしない。

どれか1つだけではなくて複数当てはまる人もいるでしょう。

例えば寝つきが悪いのに、朝早くおきてしまうという人もいます。

【不眠の原因】

●心理的原因・・・ストレスが原因で起こります。仕事のストレスだったり、将来への不安、家庭がうまくいっていない等。
眠るときにどんなことを考えているのか?またそれは考えたところで改善されるのか?を冷静に分析をしていき、検討をする事が大切です。

●身体的原因・・・体がかゆかったり、外傷などによる痛みが原因でおこります。他には花粉症や頭痛。
身体的な不眠症の場合は、原因が特定しやすく、また症状が改善されたら自然と不眠ではなくなるケースが多いです。

●精神医学的原因・・・精神的な不安や抑うつなどによって不眠症になることが非常に多く原因にもなりやすい。
憂鬱な気持ちが長期にわたり続いたり、毎日が楽しめなかったりしているとうつ病の原因かもしれません。不眠のおよそ3分の1から半数は精神的疾患をかけていると言われています。

●薬の副作用・・・服用している薬や、アルコール、カフェイン、ニコチンなどが原因で起こる不眠の症状。
代表的な薬には、抗がん剤、自律神経・中枢神経に働く薬、ステロイドなどがあります。

まずは自分がどれに当てはまるかを確認していきましょう。

ただ、不眠というのはすぐに治るものではなくて長期的な考察が必要です。

その間ずっと不眠が続いてしまうのでは中々改善されないでしょう。

ですから医薬品に頼るようにしましょう。

眠りへと誘う作用を持つメラトニンを主成分とする睡眠促進薬であるメロセットがオススメです。

メラトニンレベルと睡眠の関係は研究により明らかとなっており、メラトニンより体内の覚醒パターン・体温・ホルモン分泌などを調整してくれます。

不眠の原因でもある体内時計を正常な状態へと導きます。

医薬品を飲んでぐっすりと眠るということを体に覚えさせることが大切です。

>>メロセットを購入したい方はこちら<<